男性

郵便物発送からペット輸送まで|発送代行や運送会社のサービスを利用

以前からの変化

作業員

日本でも物流革命

倉庫のイメージは長い間保管倉庫のことを指していました。港湾や空港の近辺には保管用の倉庫がたくさんあります。高度経済成長を支えてきたのはこうした倉庫ですが、現在は老朽化しており、建て替えなければ使用できないものも増えています。IT技術の発展で物流革命が起こっており、物流倉庫のニーズが増加しております。この傾向は今後もさらに顕著となることは間違いありません。IT先進国のアメリカでは、すでに倉庫といえば物流倉庫を指すようになっています。ネットショッピングやEコマースへの対応は従来の倉庫では倉庫内での作業ができないため、どうしても大型の物流倉庫を建設しなければ対応できなくなっています。日本では海外の物流業者が先導した開発を進めています。

物流倉庫の立地

物流倉庫の開発に当たっては従来の保管用倉庫の開発とは異なるコンセプトで開発する必要があります。保管倉庫であれば港湾や空港施設に近い方が良いわけですが、物流倉庫となるとサプライチェーンを考えて交通の便利なところで開発をしなければなりません。多くの従業員が倉庫内で作業をする必要があるため通勤に便利である必要があります。公共交通機関のアクセスが良いところか車の通勤の便が良いところが立地条件となります。自動車での通勤を考えると物流倉庫の建設用地に加えて駐車場用地も必要となるので注意が必要です。注文に速やかに対応して配送する必要がありますので開発する大型物流倉庫は大型のトラックが上層階まで横付けできるようにしなければなりません。